音旋響

音旋響 project
2019年4月13日、国立演劇学校 (バンガロール) にてインド初公演。
同4月14日、マイソールサマーキャンプでは450名の児童と80名の大人たちで溢れる音楽堂で音旋響projectとしてインドのタブラ奏者、アリンダム・チャクラヴァルティを迎えインドと日本、沖縄音楽融合のワールドミュージックを披露。

音旋響
宇宙の音Omの中で、旋律を響かせるOmsenkyo=音旋響=Omsenkyo。
シンギング・リンの奏でる豊かな倍音は宇宙の音。
三線とサロッドのメロディー(旋律)は、まるで宇宙空間に惑星を配置し遊ぶ知性。
音旋響。愛の音。

 

音と光のセラピスト
叶さとみ
シンギングリン
三昧琴

世界の楽器を操る
コウサカワタル
eサロッド
三線

 “rinriver-ambient-remix-for-meditation” & “Kuh” をサウンドクラウドで聴く